乾癬治療薬「ステラーラ®」情報サイト:ステラーラ.jp

乾癬とは

乾癬とは

乾癬とは、慢性の炎症性の皮膚疾患です。

国内に約10~20万人いると考えられ、男性に多くみられます*。その主な症状は、皮膚の赤みや盛り上がり、フケのような白いかさぶた、かゆみなどです。

乾癬の症状

乾癬が起こる原因は明らかにされていません。しかし、外敵から体を守る免疫作用の過剰な働きが、原因の一つであることがわかってきました。

乾癬は残念ながら完全に治る病気ではありませんが、治療で症状を抑えることができます。症状の軽い方はステロイドやビタミンD3の塗り薬を使います。中等症~重症の方では、体に害がない波長の紫外線をあてたり、ビタミンA誘導体や免疫作用を抑える薬を服用したりします。2010年からは生物学的製剤と呼ばれる注射薬が、新たに乾癬治療に使えるようになりました。

*日本乾癬学会登録症例の集計-2008年-より


乾癬の皮膚

乾癬の皮膚では、細胞の過剰な増殖によりターンオーバーが極端に短くなっています。

ターンオーバーとは、古い皮膚の細胞が新しい細胞によって押し上げられ、垢(あか)となってはがれ落ちる過程を指します。皮膚は、温度や乾燥、ウイルスなどの外敵から体を守る重要な機能を持っています。これらの機能を果たすため、皮膚では常に新しい細胞がつくられ、「ターンオーバー」を繰り返しています。
通常の皮膚におけるターンオーバーの周期は約 28~40日程度ですが、乾癬の皮膚では約4~5日と極端に短くなっています。そのため、積み重なった角質がフケのようにボロボロとはがれてしまいます。

【ターンオーバーの日数】

ターンオーバーの日数