クローン病とは

クローン病は、小腸と大腸を中心に口から肛門までの消化管のいたるところに炎症や潰瘍ができる慢性の炎症性疾患です。

現在、クローン病の患者さんは国内にすでに約4万人以上いると考えられ、男性に多く(男女比2:1)、10~20代で発症する方が多いという特徴があります。その主な症状は、腹痛、下痢、発熱、体重減少、肛門の痛みなどです。

クローン病が起こる原因は明らかにされていませんが、近年、免疫(外敵から体を守るための作用)の異常が関係していると考えられています。

そのため、免疫や炎症を適切な治療でコントロールすることで症状がない状態(寛解)を長く維持することができます。クローン病の治療には、栄養療法や薬物療法などの内科的治療や、手術などの外科的治療があります。これらの中からあなたにピッタリの治療方法に出会うこと、これがとても大切です。

治療と病気について正しく理解し、病気と上手につきあっていきましょう。