• ステラーラ®について
  • 生物学的製剤ステラーラ®とは

生物学的製剤ステラーラ®とは

■ステラーラ®はIL-12とIL-23を抑えます

潰瘍性大腸炎とクローン病を合わせて炎症性腸疾患(IBD)と呼び、発症のメカニズムも似ています。IBDの原因については、まだはっきりとはわかっていませんが、IBDの患者さんの腸管では免疫に異常がみられ、マクロファージを中心として、炎症に関与する“インターロイキン(IL)”や“腫瘍壊死因子(TNF)α”などの物質が作られることにより、炎症が起きることがわかってきました。それらの物質のうち、ILは重要な役割を果たしていると考えられており、特にIL-12とIL-23がIBDの発症に深く関わっているといわれています。IL-12とIL-23は炎症を起こす細胞を活性化させることにより腸管に炎症を起こし、その結果IBDが発症すると考えられています。
ステラーラ®は、炎症や免疫反応を引き起こしているIL-12とIL-23の働きを弱めることによって腸管の炎症を抑え、腹痛や下痢などの症状を改善する生物学的製剤です。

腸管粘膜 腸管粘膜

■ステラーラ®は免疫原性の低いヒト型抗体です

生物学的製剤には、薬剤そのものが体内で「抗原(異物)」として作用し、その薬剤の働きを低下させる「抗体」を産生するものがあります(免疫原性といいます)。生物学的製剤は4種類に分類されますが、その種類により免疫原性は異なります。ステラーラ®を含むヒト型抗体は免疫原性が低いといわれています。

マウス抗体 キメラ型抗体 ヒト化抗体 ヒト型抗体 マウス抗体 キメラ型抗体 ヒト化抗体 ヒト型抗体